ノーズワークを体験しました!

かねてから入居者さんより、愛犬と一緒に何かやってみたい!とお話しをいただいていたので、人犬一体で楽しめるという“ノーズワーク”なるものを体験してきました。

体験をさせてくれたのはwith saradaさん
一人暮らしで犬を飼ってみた」シリーズに登場した私の人生第一のお師匠様であり、私達夫婦のキューピットでもあるドッグトレーナーさんです(笑)

というわけで今回は、初めてのドッグスクールに緊張する入居者さんと、久しぶりのお師匠様に緊張する私達夫婦による“初めてのノーズワーク体験”について書きたいと思います。

■ノーズワークとは?

ノーズワークは、犬の能力の中で特に優れている「嗅覚」を使った知的なゲーム感覚のトレーニングで、「全ての犬・全ての人が参加できる」ことが特徴のようです。

具体的にどんなことをするかというと、いくつか置いてある箱の中に犬が大好きなオヤツが置いてあって、犬は鼻を使ってそれを探して見つけたら食べられる、という宝探しゲームのような感じです。レベルアップをしていくと、紙の箱が缶の箱になったり(これだけで漏れ出る匂いが減るそうです)、床に置いていたオヤツが机の上や壁に備え付けられた箱に置かれたり、さらには匂いのもとがオヤツからアロマに変わって発見したらオヤツが貰えるなど様々なステージがあるらしく、犬にも人間にも飽きの来ない仕組みになっています。

あくまでも犬が本能に従って自発的にやるものなので、“お座り”や“待て”などが出来ないと参加できないということもなく、まさに「全ての犬・全ての人が参加できる」楽しいドッグスポーツ、それがノーズワークだそうです。(詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい)

■いざ出陣!

ノーズワークは、私達夫婦と我が家のシェンノワール(黒犬)達にとっても初体験。なので今回は、私達も大家の仮面?を脇に置いて、ご要望をいただいたかりんちゃん(柴犬♀1歳5ヶ月)とヤムちゃん(MIX♀5歳)の飼主さんと同じ立ち位置での参加です。

始めにお師匠様からレクチャーを受けるTeamシェンノワール。
初めての場所にソワソワしている愛犬たちを気にしながら、ノーズワークとは何ぞやを学び、実施時の注意点などを教わりました。

そして、いよいよノーズワーク体験の始まりです!
トップバッターは1番若いかりんちゃん。

いつも元気いっぱいのかりんちゃんなので、さぞかし喜び勇んで宝探しをするのかと思いきや、どうやら床に敷いてあるマットが怖いらしく、オヤツの入っている箱まで進めない模様…。

お師匠様が、ゆっくりと時間をかけてマットは怖くないことを教えていくと、数分で恐怖心もなくなったよう。何回目かのチャレンジではしっぽアゲアゲで宝探しをすることができました。

さて、お次はヤムちゃん。
ヤムちゃんは元保護犬だけあって経験豊富、最初から物怖じせずにオヤツの匂いに大興奮!しっぽブンブンの軽快な足取りで、夢中でオヤツを探していました。

3番手は風花。
箱の中にオヤツがあると理解するや否や、箱から箱へ渡り歩き、見事オヤツをゲット!

そしてラストはKarubi。
最初の方こそコマンドを求めて大好きなお師匠様を追いかけていましたが、最後は何とか形になってくれました。

■新しい発見!

こんな感じでツラく厳しい要素が一切ないものだったので、犬も人も楽しくノーズワークを体験することができました。かりんちゃんとヤムちゃんの飼主さんからも、是非またやってみたい!という嬉しい感想をいただけたので、トレーニング経験が特にないワンちゃんでも問題なく楽しめる内容だったようです。

そしてさらに、今回の体験を通じて、かりんちゃんとヤムちゃんの飼主さんは新しい発見をされたとのこと。

新しい場所に行ったり新しい体験をしたことにより、
・他のワンちゃんがチャレンジしている間に大人しく待てるよう、クレート待機の必要性を改めて感じた。これからハウストレーニングを頑張りたい!
・愛犬の知らない一面をみて、これからの付き合い方の指針になった。もっと愛犬といろいろなことにチャレンジをしてみたい!
といった新しい目標が見つかったそうで、とても有意義な機会でした!と大変喜んでいただけました。

かりんちゃん、ヤムちゃん、そして飼主さん、大変お疲れ様でした!
これからもいろいろな体験を通じて、愛犬家人生を楽しみましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする